ttl_concept

背景

U152P5029T2D548089F24DT20130113084902

中国では以前より PM2.5を始めとする大気汚染・燃料高騰が問題視されておりますが、現在は改善
されているどころか、刻一刻と深刻化されており
ます。

特に大気汚染に関しては、人体への悪影響も出ている事から、排ガス規制や石油燃料の品質規制に対し国や市レベルで規制取組みを強化している状況となっております。
その様な背景の中、中国国内で抱えている問題に対し貢献すべく、本製品は自動車、ボイラー、工場等で使用される化石化燃料の改質を行うことで燃焼効率を上げ燃費向上を図り、更には燃焼効率を上げることで、排出される有害排出ガスを若干ではあるが低減する事が出来ればと開発された【燃料活性化装置】となります。

理念

12_l

大気汚染の原因の一つである【自動車】に着目した場合、現在、ハイブリッドカーや電気自動車など次世代エコカーへの移行は一手段と注目されております。
しかし、ハイブリッドカーや電気自動車のバッテリーには寿命があり、その処分方法と環境に与える影響についてもまだまだ大きな課題を残しているのも事実です。
弊社では今ある自動車を大事に、しかも燃料の使用量を出来る限り抑え、環境にやさしく乗り続ける事が大変に意義のある事を考えております。